オーディオブック

勝ち組ビジネスマン御用達!要約サービスflierの特徴・使い方解説

flier(フライヤー)の要約の品質ってどうなの?

flier(フライヤー)で読書しても意味ないって聞くけど?

どう使いこなせば良いサービスになるの?

本の要約サービスで読書するよりも、本を読んだ方が良いなど悪い評判があります。逆に本で読むより、時間を短縮して知識を身につけられるなどの良い評判もあります。

自分で体験してみないと理解できませんが、体験するまでに疑問を解決しておきたいと思う方は多いです。

当記事では、flier(フライヤー)の特徴、評判、おすすめの使い方を解説します。記事を読めば、flier(フライヤー)のベストな活用方法を習得できます。

flier(フライヤー)のポイント

flier(フライヤー)の特徴である高品質な要約などを理解つつ、私のレビューやtwitterの意見を参考にしてください。

最後におすすめの使い方を知って、flier(フライヤー)を使いこなす準備をしましょう。

\無料で7日間体験できます/

※7日以内解約なら料金はかかりません

flier(フライヤー)の特徴

flier(フライヤー)はビジネス書を要約したコンテンツを提供するサービスです。時間のないビジネスマン、読書の時間を取れない読書家向けのサービスとなっています。

flier(フライヤー)の特徴は次の5つです。

  • 厳選された高品質の要約
  • 2600冊のラインナップ
  • 音声版も聴ける
  • 毎日1冊追加される
  • 料金プランは3つ

1-1 厳選された高品質の要約

high-quality-summary

flier(フライヤー)は、厳選された「今読むべき本」の高品質な要約が読めます。

「今読むべき本」は、話題の書籍・名著の中から経営者や大学教授などの著名人・専門家が選んでいます。年間6000冊程度発売されるビジネス書から厳選。

要約はプロのライターが要約しています。社内・出版社・著者の多重チェックを行い、許可が得られた要約のみ公開。

厳選された高品質の要約が読めるサービスとなっています。

1-2 2600冊のラインナップ

number-of-abstracts

flier(フライヤー)の要約のラインナップは約2600冊あります。

ビジネスマンにおすすめな生産性・スキルアップなどのカテゴリーで分類。全部で17カテゴリーあります。

17カテゴリーの中すべてを合わせると2600冊のラインナップとなります。

1-3 音声版も聴ける

audio-version

flier(フライヤー)は、要約されたコンテンツを読んでくれる音声版もあります。

音声版の特徴は以下の通りです。

  • 機械が読んだ音声
  • 再生時間は15分程度
  • 再生速度を調整できる

オーディオブックと同様にナレーター・声優などではなく機械音声です。機械音声でよくあるイントネーションがおかしいなどの不具合はありません

flier(フライヤー)は10分程度で読める要約サービスですが、音声版の再生時間は15分前後となります。

再生速度の調整は4段階できます。1倍、1.2倍、1.5倍、2倍の速度で調整できます。2倍速なら7.5分で聴けます。

おすすめの使い方は、音声版を聴きながら要約したコンテンツを読むこと。私の体感では、記憶に残りやすかったです。

1-4 毎日1冊追加される

add-daily

flier(フライヤー)は、厳選された「今読むべき本」が毎日1冊追加されます。

2021年10月段階では2600冊となっていますが、毎日1冊追加されているため、ラインナップ数も増えていきます。

1-5 料金プランは3つ

plan-price-list

flier(フライヤー)の料金プランは、月額制で3種類あります。

フリー
プラン
シルバー
プラン
ゴールド
プラン
月額料金0円550円1980円
無料で読めるコンテンツ数
(全部で20冊前後)
全て全て全て
有料の要約コンテンツ数(全部で2600冊以上)読めない月/5冊全て

フリープラン】は月額料金0円ですが、無料コンテンツ20冊前後しか読むことができません。flier(フライヤー)を試したい方におすすめのプランとなってます。

要約は約10分程度で読めるコンテンツとなっているため、フリープランは3時間20分で使い終わるプランです。無料コンテンツは月1回更新されます。

シルバープラン】は月額550円で、無料コンテンツ20冊前後と有料コンテンツを月5冊選んで読めます。無料と有料コンテンツを合わせると4時間10分で使い終わります

ゴールドプラン】は月額1980円ですが、無料・有料コンテンツが読み放題です。通勤時間1時間のビジネスマンで、毎日通勤時間に聴いて知識習得やスキルアップを図っても、使い終わることはありません。

flier(フライヤー)のレビューと評判

flier(フライヤー)のレビューと評判を紹介します。

flier(フライヤー)の特徴に沿ってレビューします。評判twitterから集めた意見をもとに解説していきます。

  • 【厳選されたビジネス書の要約が読める】【2600冊のラインナップ】【音声版も聴ける】【毎日1冊追加される】【料金プランは3つ】に沿ってレビュー
  • twitterから集めて意見をもとに評判を解説

2-1 flier(フライヤー)のレビュー

flyer-review

厳選されたビジネス書の要約

厳選されているため良書が多い。要約の内容はプロのライターによる要約と、多数のチェックをかけているため、まとまりがあって読みやすいです。

読書しなくても良いとまではいきませんが、flier(フライヤー)を読めば本の全体像が掴めます

要約の構成は以下の通り。

  • レビュー
  • 2つ、3つにまとめた要点
  • 本の内容の要約文
  • 一読のすすめ

文章がまとまって読みやすいのもありますが、理解しやすいように構成も考えられています。10分程度で読めるので、集中するのも短時間でOKです。

2600冊のラインナップ

読みたい要約がないということが起きません。厳選された2600冊であり、数・質の両方が高いレベルにあるからです。

私はflier(フライヤー)で見たい要約がなくて、困ったことはありません。むしろ読みたいと思う本が増えました。

音声版も聴ける

音声版はすごく便利。音声で要約が聴けると手と目を使う必要がなくなるからです。

耳だけが空いてる隙間時間があれば、要約を聴けます。例えば

  • 歩いている時
  • 家事をしている時
  • 運転をしている時

1日の中で耳だけが空いてる隙間時間は誰でもあります。隙間時間でflier(フライヤー)を利用すれば、知識習得スキルアップを図れます。

音声版を聴きながら、要約コンテンツを読むのもおすすめです。内容が頭に入りやすかったのを実感しました。再生スピードは1.5倍から2倍にするとサクサク読めます。

毎日1冊追加される

毎日1冊追加されるので、サービスを安心して使えます。更新されていないサービスより、更新されているサービスの方が安心できるからです。

毎日読める要約の選択肢が増えるのは、非常に嬉しいこと。2021年10月段階で2600冊のラインナップですが、日々ラインナップが増えるのは安心と嬉しさ両方を感じれます

料金プランは3つ

私がおすすめする料金プランはゴールドプラン。1ヶ月の利用で、フリー・シルバープランでは、利用する要約コンテンツ数が全然足りないからです。

私の場合は会社から比較的近いところに住んでおり、往復20分の通勤時間です。その隙間時間を利用してflier(フライヤー)を利用しています。

1ヶ月で通勤するのが20日で約400分、要約コンテンツ1つが10分です。40個の要約を読んだり、音声版を聴いたりできます。

通勤時間の平均約70分で考えると、1400分で140個の要約を読んだり、聴いたりできます。

通勤時間すべてをflier(フライヤー)に使う人も少ないと思います。しかし、それを差し引いてもフリー・シルバープランの利用コンテンツ数では、足りない方が多いはずです。

2-2 flier(フライヤー)の評判

時短で読書できるツールとしてflier(フライヤー)を紹介。10分程度で要約が読めるので隙間時間で知識・教養を身につけれらると体験をツイート。

読書が苦手な方でも読書習慣を身につけることができるかも知れません。ぜひflier(フライヤー)で読みたい本を探してみてください。


おすすめの要約サイトとしてflier(フライヤー)を紹介。紹介文として高品質の要約であることをツイート。

flier(フライヤー)は、プロのライターが要約しているため、読みやすいです。チェックも会社内だけではなく、本の出版社・著者もしてます。

内容がずれていないか、要約文の品質が高いか、著作権を侵害していないかの担保がしっかりととれています。


flier(フライヤー)は書店とコラボしたり、公共施設で利用できたりすることが分かるツイートです。

flier(フライヤー)は本を読むきっかけ作りに貢献中。そのことから多くの書店とコラボしています。公共施設の図書館で利用できるところもあります。

また、NTT、東京海上日動、明治安田生命、みずほフィナンシャルグループなどの上場企業が社内に導入しています。社内の研修などの教育コンテンツから福利厚生の一環として利用。

flier(フライヤー)は信頼・安心できるサービスであることが分かるツイートでした。


本を購入する前にflier(フライヤー)でチェックすると便利、読書する前に利用すると頭に残りやすかったとツイート。

後で解説しますが、私もほぼ同じ使い方をしています。flier(フライヤー)だけで読書するよりも、flier(フライヤー)をサブで利用するのが抜群です。

本のどの部分が自分に刺さるかは人によって違います。ただ多くの本をすべて読むと時間が足りません。

そんな時にflier(フライヤー)で本を探せば、知識・教養を広く浅く身につけながら、自分にとって良い本を探せます


紙を本当にめくっているかのようなUX(ユーザー体験)が素晴らしいとのツイート。要約の質も悪くないとの評価です。

flier(フライヤー)アプリはUXだけじゃなくUI(操作性)も素晴らしいです。

  • 読みたい要約を探しやすい
  • 音背板も使いやすい
  • 読み終わった後に自分の学びを残せるメモ機能

初めてでも使いやすいアプリなので、困ることはないでしょう。

flier(フライヤー)おすすめの使い方

flier(フライヤー)のおすすめの使い方は次の通りです。

  • 精読する本を探すために利用
  • 読書前後の予習・復習に利用

flier(フライヤー)だけで読書を終わらせてしまうのはもったい無いです。時間のない現代人が、読書を有意義にするためのツールflier(フライヤー)です。

おすすめの使い方を参考にflier(フライヤー)を使いこなしていきましょう。

3-1 精読する本を探すために利用

to-look-for

flier(フライヤー)を利用すれば、圧倒的に精読する本を探す時間が短縮できます。

自分にとって良い本に出会うのは大変です。flier(フライヤー)を利用せずに探すと、書店で立ち読みするなど時間がかかります。

flier(フライヤー)であれば、概要を知れる要約されたコンテンツが、スマホで確認できます。書店で立ち読みしたり、本の全体像を自分でまとめたりする必要がありません。

要約の質も高いため、理解しやすいです。1冊10分程度で自分にとって良書なのか、興味が湧く本なのか判断できます

3-2 読書前後の予習・復習に利用

preparation-review

flier(フライヤー)を読書前後で利用すれば、本を効率よく読んだり、内容を記憶に定着させやすくなります

読書前なら、本の全体像を掴んで効率よく読書ができます。本の全体像を掴んでおくと、読んでいる箇所がどこの構成と関係があるのか分かるため、内容をより深く理解できます。

読書後なら、復習と読書で得た知識の整理ができるため、より記憶に残りやすくなるでしょう。

過去に読んだ本flier(フライヤー)を利用すれば、効率よく内容を思い出せます

読書を加速させるためにflier(フライヤー)を利用しよう

flier(フライヤー)の特徴とおすすめの使い方は以下の通り。

flier(フライヤー)の特徴

  • 厳選されたビジネス書の要約
  • 2600冊のラインナップ
  • 音声版も聴ける
  • 毎日1冊追加される
  • 料金プランは3つ

flier(フライヤー)のおすすめの使い方

  • 精読する本を探すために利用
  • 読書前後の予習・復習に利用

flier(フライヤー)を活用すれば、広く浅く教養知識が身につきます。良書に出会う確率がアップし、良書を探す時間を圧倒的に短縮できます。

そうすれば仕事のスキルアップを図れ、会社での出世副業での成功を手に入れることができるでしょう。

ぜひflier(フライヤー)を試して、人生が良くなる体験をしてみてください。

では次の機会に!

\無料で7日間体験できます/

※7日以内解約なら料金はかかりません

本を効率よく読書できる、オーディオブックは以下を参考にしてみて下さい。

>>オーディオブックのメリット・デメリット

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA