オーディオブック

【徹底評価】No1、2のオーディオブック比較!あなたへのおすすめは?

どこのオーディオブックサービスがおすすめ?

各オーディオブックサービスの特徴は?

自分にあったオーディオブックサービスの選び方を知りたい!

オーディオブックサービスはたくさんあります。各会社によって特徴が違うため、自分にあったサービスがどれか分かりません

サイト管理者のらっきぃらんです。

隙間時間で毎日オーディオブックを利用。オーディオブックサービスを併用しています。

サービス利用経験と特徴を理解した私がオーディオブックの比較と解説をします。

当記事ではオーディオブックの比較と自分に適したサービスの選び方を解説します。
記事を読めば、各オーディオブックサービスの特徴を理解でき、自分に適したサービスを選べます

オーディオブックを比較するポイント

2大巨頭のAudibleとaudiobook.jpの特徴を知る。
「とにかくオーディオブックをたくさん聴く」などの目的別でどのサービスが適しているかを知る。
以上を理解して、自分にあったオーディオブックを見つけて、使い倒しましょう。

\無料で30日間体験できる/

/無料で30日間体験できる1月10日まで\

1 オーディオブックサービスの比較

結論から言うとAudibleaudiobook.jpを選べば、間違いないです。Audibleとaudiobook.jpは日本のオーディオブックサービスの2大巨頭だからです。

他社オーディオブックサービスの追随を許しません。Audibleとaudiobook.jpの主な特徴と比較は次の通りです。

オーディオブックサービス

聴き放題プラン


月額プラン
無料お試し30日間無料お試し期間あり14日間無料お試し期間ありなし
プラン(月額)1500円でどれでも1冊750円で聴き放題月額550円〜33000円
ポイントをもらって交換
配信数40万冊(日本語1万冊1万冊2万7000冊
オフライン・バックグラウンド再生できるできるできる
決済方法クレジットカード
デビットカード
クレジットカード
ドコモケータイ払い
ソフトバンクまとめて支払
ワイモバイルまとめて支払
クレジットカード
ドコモケータイ払い
ソフトバンクまとめて支払
ワイモバイルまとめて支払
返品交換365日以内ならできるできないできない
解約後に聞けるか聞ける聞けない聞ける

オーディオブックサービス選びに失敗しないために、Audibleとaudiobook.jpの特徴を詳しく解説します。

2 Audibleの特徴

Audible-heading

次の項目に沿ってAudibleの特徴を解説します。理解するとAudibleの全体像がつかめます。

  • 概要
  • 月額料金
  • サービス内容
  • ラインナップ
  • アプリの機能
  • 解約後も聴ける?

2-1 Audibleの概要

amazonが提供するオーディオブックサービスです。
プロのナレーター・俳優・声優が朗読するオーディオブックや豊富なジャンルでバラエティ溢れるポッドキャストなど40万タイトルを提供している。

Audibleは書籍との同時発売やオリジナルコンテンツの制作に力を入れている

2-2 Audibleの月額料金

Audibleの月額料金は1500円の一択です。

1ヶ月で複数のオーディオブックを聴きたい方は、月額料金以外の料金が必要になります。オーディオブック購入代や追加コインの購入料金です。

>>Audible月額・利用料金の解説

2-3 Audibleのサービス内容

Audibleのサービス内容は次の5つとなります。

  • コインを1枚もらえる
  • 追加コインをお得に購入できる
  • 返品できる
  • ポッドキャストが聴き放題
  • ボーナスタイトルのオーディオブックを毎月もらえる

【コイン1枚】でどのオーディオブックとも交換できます。値段が1000円であっても5000円であっても交換可能。

【追加コイン】は3枚3600円で購入可能です。1枚あたり1200円。

コインで交換したり、購入したりしたオーディオブックを【返品】できます。コインや購入代金も戻ってきます。返品できるのはAudibleだけです。

>>Audibleのコイン・返品制度解説

豊富なジャンル、バラエティ豊かな【ポッドキャストが聴き放題】です。オーディオブックを聴き終わっても、ポッドキャストを利用すれば、Audibleを使い倒せます

>>Audibleのポッドキャスト解説

毎月【ボーナスタイトル】に指定されるオーディオブックがあり、無料でダウンロードできます。

bonus-title

2-4 Audibleのラインナップ

日本語のオーディオブックの配信数は1万冊以上です。Audibleは世界的に展開しているサービスのため、日本語以外の洋書を含めると40万冊以上のラインナップ。

>>Audibleのおすすめオーディオブック

2-5 Audibleアプリの機能

Audibleアプリの主な機能は次の3つです。

  • 再生速度調整
  • ブックマーク機能
  • スリープタイマー

再生速度】は0.5倍から3.5倍までを0.1倍刻みで調整可能。
【ブックマーク機能】は、お気に入り再生箇所を保存できます。
【スリープタイマー】は、設定した時間で再生中のオーディオブックを停止させる機能です。

>>Audibleアプリの詳細解説

2-6 Audibleは解約後も聴ける?

コインで交換、購入したオーディオブックは解約後も聴けます。オーディオブックを聴くには、Audibleの有料会員である必要がないためです。

月額1500円で受けれる大きなサービスは次の2つです。

  • コインをもらえる
  • ポッドキャスト聴き放題

ポッドキャストは解約すると聴けません。オーディオブックはコインで交換したものであるため、聴けなくなる縛りを受けません。解約しても、コインがもらえなくなるだけです。

コインを所持したまま解約すると、コインはなくなります。解約する時はコインを使ってから解約しましょう。

3 audiobook.jpの特徴

audiobook.jp-heading

audiobook.jpも同じ項目に沿って、特徴を解説します。audiobook.jpの全体像をつかみましょう。

  • 概要
  • 月額料金
  • サービス内容
  • ラインナップ
  • アプリの機能
  • 解約後も聴ける?

3-1 audiobook.jpの概要

(株)オトバンクが提供するオーディオブックサービスです。2007年から始め、2021年6月には累計会員数が200万人を突破した。

500社以上の出版社と提携するなど日本語のオーディオブックの取扱いは日本でトップクラスである。

3-2 audiobook.jpの月額料金

audiobook.jpの月額料金システムは2つです。

  • 聴き放題プランで月額880円
  • 月額会員プランで550円から33000円の7種類

聴き放題プランは年割プランがあり、1年分まとめて払うと7500円になります。月額換算625円となり、通常の880円より安くなります。

>>audiobook.jp聴き放題プランの解説

月額会員プランは、【550円】【1100円】【2200円】【5500円】【11000円】【22000円】【33000円】の7種類です。

>>audiobook.jp月額会員プランの解説

3-3 audiobook.jpのサービス内容

audiobook.jpのサービス内容は聴き放題・月額会員プランで違います。

聴き放題プラン
対象のオーディオブックが聴き放題。スマホアプリでオーディオブックの再生が可能です。パソコンでは再生できません。

ポッドキャストの【聴く日経】というコンテンツを利用することが可能。日本経済新聞の最新ニュースを20分にまとめた音声コンテンツです。

月額会員プラン
オーディオブックと交換できるポイントを定期購入するプランです。1ポイントは1円。月額料金に応じてもらえるポイントが変わってくる。

月額料金に応じて月額料金以上にもらえるポイント数が多くなる
audiobook.jp内のオーディオブック全てが交換対象。

3-4 audiobook.jpのラインナップ

聴き放題プランであれば約1万冊。月額会員プランであれば2万冊以上となる。日本語のオーディオブックに限れば、月額会員プランはAudibleより多いラインナップとなる。

>>audiobook.jpのおすすめオーディオブック

3-5 audiobook.jpアプリの機能

audiobook.jpアプリの主な機能は次の4つです。

  • 再生速度調整
  • ふせん機能
  • スリープタイマー
  • トラックリピート

【再生速度】は0.5倍から4倍までを0.1倍刻みで調整可能。
【ふせん機能】は、お気に入り再生箇所を保存できます。

【スリープタイマー】は、設定した時間で再生中のオーディオブックを停止させる機能。
【トラックリピート】はトラックを繰り返して再生できる機能です。

>>audiobook.jpアプリの使い方

3-6 audiobook.jpは解約後も聴ける?

月額会員プランのポイントで交換したオーディオブックなら解約しても聴けます。月額会員プランでなくても、オーディオブックが聴けるためです。

ただし注意点が2つあります。

  • 聴き放題プランは解約すると聴けなくなる
  • 退会すると聴けなくなる

聴き放題プランで聴いていたオーディオブックは、プランを解約すると聴けなくなります。アプリにダウンロード済みであっても聴けなくなります。

退会しても聴けなくなります。解約と紛らわしいのですが、解約と退会があります。解約はプランの解約、退会はプランの解約とアカウントの削除となります。

>>audiobook.jpの解約・退会方法とベストなやめ方解説

4 オーディオブックサービスの選び方

オーディオブックサービス選び方のパターンは次の3つです。自分に適したパターンを知って、自分にあうサービスを選びましょう。

  • とにかく聴き放題が良い
  • オーディオブック数が多い
  • 月1冊のオーディオブックと充実したコンテンツ

4-1 【とにかく聴き放題が良い】で選ぶ

All-you-can-listen-ok

とにかく聴き放題が良い場合は、audiobook.jp聴き放題プランを利用しましょう。

audiobook.jp聴き放題プランなら何冊聴いても定額で、ハズレのオーディオブックであっても金銭的なダメージがないためです。

デメリットは聴き放題プラン対象のオーディオブック数が少ないことです。オーディオブック数は、audiobook.jp月額会員プランの半分の1万冊。

audibleと比べると同じ1万冊ですが、ベストセラーなどの有名な本は、聴き放題プランの方が少ないです。

聴きたいオーディオブックにこだわりがなく、とにかくたくさんのオーディオブックを聴きたい方におすすめです。

/無料で30日間体験できる1月10日まで\

4-2【オーディオブック数が多い】で選ぶ

audiobook-jp-ok

オーディオブック数が多いで選ぶ場合は、audiobook.jp月額会員プランを利用しましょう。

audiobook.jp内全てのオーディオブックと交換できる月額会員プランは、日本語のオーディオブック数No1だからです。

聴く読書をするなら聴きたいオーディオブックがないと意味がない

との信念を持っている方なら、間違いなくaudiobook.jp月額会員プランがおすすめです。

デメリットは自分の読書ペースに合わせて、月額会員プランの料金変更が必要なことです。月額会員プランのポイントの有効期限は6ヶ月あります。

6ヶ月でポイントを使い切らないと損をしますので、ポイントのやりくりが必要です。

デメリットを許容でき、オーディオブック数が多いで選ぶ場合は、audiobook.jp月額会員プランを利用しましょう。

>>audiobook.jp月額会員プラン利用を失敗しない方法

4-3 【月1冊のオーディオブックと充実したコンテンツ】で選ぶ

audible-ok

月1冊のオーディオブックと充実したコンテンツで選ぶ場合は、Audibleを利用しましょう。

Audibleは毎月どのオーディオブックとも交換できるコインを1枚もらえるからです。

値段を気にしなくも良いので、本当に聴きたいオーディオブックを気兼ねなく選ぶことが可能。万が一、オーディオブックが気に入らなくてもボタンひとつでお手軽に返品可能です。

とは言いつつ、1ヶ月に1冊だけか・・・

と感じる方も多いはずです。しかし、Audibleを利用する理由がもうひとつあります。

聴き放題でコンテンツが豊富なポッドキャストがあるからです。

ポッドキャストはビジネス、エンタメ、お笑い、英語、エクササイズ、リラックス系自然音など幅広いコンテンツがあります。ほとんどの人が楽しめるコンテンツとなっています。

>>Audibleポッドキャストのおすすめ解説

Audibleを使い倒せるかは、ポッドキャストの利用が分かれ目です

\無料で30日間体験できる/

5 自分に適したオーディオブックを利用して聴く読書を楽しもう

audiobooks-enjoy

自分に適したオーディオブックサービスを見極めるパターンは次の通りです。

  • とにかく聴き放題が良い→audiobook.jp聴き放題プラン
  • オーディオブック数が多い→audiobook.jp月額会員プラン
  • 月1冊のオーディオブックと充実したコンテンツ→Audible

オーディオブックを利用したい理由は人それぞれです。たくさんあるオーディオブックサービスの中から自分に適したサービスを選ぶのは困難でしょう。

ただ、オーディオブックを使いこなすと誰でも読書量が増えて、知識習得と人生の価値観を広げれます。今までより人生の視野が広がったり、人生の捉え方が変わったりすることで人生が良くなります

当記事で紹介したオーディオブックサービスを選べば失敗しません。自分に適したオーディオブックサービスを無料で試してみてください。

では次の機会に!

\無料で30日間体験できる/

/無料で30日間体験できる1月10日まで\

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA